« May 2005 | Main | July 2005 »

きみが住む星


少し前になりますが、お友達に「google earth」というソフトを紹介してもらいました。
http://earth.google.com/
要するに、地球規模の衛星写真マップなんですね。もちろん、アメリカがメインなので日本ではまだ一部の首都圏しかサポートされていないし、軍事機密上などの理由から使用されている地図は5年以上前のものですが(お台場付近は見事に何もなくてちょっと笑えます)、自分の家とかはっきりとマッピングできるくらいには鮮明です。大気圏外から見た地球をどんどん拡大していって、自分の知ってる場所を見つけるのは、人間の体に細胞レベルまでフォーカスしていく行為に少し似てる。この感覚がものすごく未来的で、7,8年前にICQで友達と喋って以来、「インターネットってこんなことができるんだ!」と感動しました。いや本当に一日中見続けていても飽きない。
有料オプションで付加機能をつけることも可能だけど、無償DLでも全然楽しめます。将来的には、全世界をカバーして旅行気分が味わえるようになるみたい。うわあ、21世紀だ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俄侍

仕事が小休止のため、一日中モナコの公子さま(ものすごく美形)について検索し、夜は先輩がおみやげにキルフェボンのタルトを買ってきてくれたので、それを食べ終わったとたんに帰宅しました。宮崎産完熟アップルマンゴーのタルトはなんと1ピースせんはっぴゃくえんですって!隣の先輩と「………ネギトラジ焼きが食べれるじゃん」とつぶやいてしまいました。肉一皿とケーキ一切れ。天秤にかけるには悩ましい選択肢ですね。いや、どう考えても肉を選ぶけれども!

日曜日はコミックシティにさなしまの本を買いにいき、一時間くらいで退散してあさのあつこオンリーへ。買ったのはNO6とガールズブルーです。バッテリじゃないのか自分。っていうか二人とも有栖川のお友達でした。活字ジャンルって、腰落ち着けて何年も自分のペースで活動できるのがいいところ。某さんには予告せずにいったらたいそう驚かれましたが。
それでね、シティのパンフがトルーパーだったの!徳川蘭子さん!!オンリーの会場まで持参して、いろんな人にきゃあきゃあ言いながら見せました。当日の一番の話題はこれだったかもしれません。私はものすごく普通に征当だったんですが、今だったら何にはまるだろう…それを考え始めたらもっかい見たくて仕方がありません。週末にまとめて借りてこようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

少し前の日記

土曜日は、ぷれいすてーしょんを作ってるアメリカ人と、にんてんどうでぃーえすを作ってるアメリカ人と、某庭球ゲームを作っている会社のお友達と、遊びに行って参りました。要するにみんなオタクです。しかし目的地はアキバでも浅草寺でも六本木ヒルズでもなく、武蔵小金井にある「江戸東京たてもの園」。
http://www.tatemonoen.jp/
管轄は東京都になるようですが、案外マイナーみたいで私も初めて存在を知りました。江戸~昭和中期の建築を移築してあるんだけど、これがよくあるテーマパークの「●●風の町並みを再現~」みたいなのとは明らかに一線を画していておもしろい。ボランティアの解説員の方もたくさんいらっしゃるので、社会見学にはぴったりですし、もちろん大人が行っても楽しめます。螺鈿細工の製作工程とか囲炉裏の自在鉤の意匠の意味なんて初めて知りましたよ。
しっかし、最近の異人さんはみんなお箸を上手に使うものですね!彼らが山菜そばとかおろしうどんとか何事もなかったかのように啜ってるのを横目に、私はカレーとか食べてましたが。スシもサシミもアンコも大好物、とにこにこしながら言われると、日本食文化の偉大さを垣間見た瞬間でした。

そして、ベジタリアンの人に肉の写真しか入ってないデジカメのメモリを見せたらものすごい微妙な顔をされた…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肉切れ続行中

今日は、お昼ご飯にゴルゴンゾーラのクリームチーズペンネを食べたのです。
昼も夜も客層が多国籍なイタリアンのお店なので、ピザもパスタもリゾットもOL向けではなくしっかりパワーランチな内容なのですが。
皿が空になった瞬間に、
「………ど う し よ う 全 然 足 り な か っ た」
と思ったのはさすがに初めてです。どんな前世の業がたたってこんな餓鬼道に堕ちたのか。
結局遅れてきた先輩に二品オーダーしてもらって、ピザの分け前をいただこうと思ったんですが。打ち合わせが一本入ってたのでそれを待たずに席を立った私は、案の定4時過ぎには「せんぱいおなかがすきました…!」とぐったりする始末。毎度のことながら既視感のある光景。
仕事が一段落したので、帰りは早めに上がってグレースのプレセールへ。閉店時間を30分もオーバーして居座ってしまいましたが、かわいいカーキのノースリーヴが手に入ったので満足。もうボトムは買わないと決めているので、もう何枚かカットソーを買い足して今季はおしまいです。も、もう黒ドレスとか買わないんだから…!(今日ホントはやばかった)

明日はお友達に通訳を頼まれたので、ちょっくら異人さんと東京見物に出かけてきます。
あさってはコミックシティとあさのあつこオンリーのためにお台場へ。なに着ていこっかなー(結局それか)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ふられ気分でロックンロール

仕事中にラジオ聞いてたら↑唐突に流れてきて、思わず懐かしさのあまりマウスを握りしめた手が滑りましたよ!20年ぶりくらいに聞いた。

http://www.tokyo-lgff.org/2005/index.html
さて、今年もこの季節がやってまいりました。

去年は猛暑の中、ミリタリーホモ映画で号泣したんだった。いくつかピックアップして足を運びたいんですがセレクトに迷うところ。平日は仕事が佳境なので無理っぽいんですけど、ゲイ版SATCとか言われるとすごい気になる。

とりあえず、一緒に行こうというお友達と話したあれこれをまとめると。

・ゲイ映画はコメディ色が強いのに、レズビアンはなんだかアーティスティック。
真夏に熊系は暑苦しいです。
・801はゲイではなくファンタジーだ。
・「朝チュン」ってオタク用語ですよね?

にゃんこちゃん達のアルバム、出てるのすっかり忘れてました。ライヴ4日も行くのに!
「叙情詩」、結局CD買ってないのですけどジャケットのイラストレータは高木紗恵子さんで合ってるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

過去のない女・再び

ええっと、↓の日記でさんざん大口叩いておきながら今朝目が覚めたら11時すぎてました…。週のはじめから大遅刻だ。会議終わっとるわ!

とりあえず病院立ち寄りの旨を連絡し、(この手の嘘はふだん丈夫な分だけ非常に有効です)PC立ち上げたらなぜか再起動の嵐。速攻でリカバリディスク突っ込みたい衝動を何とか抑えて(超短気)出社しました。
ご飯食べずに働いて帰宅後、かれこれ3時間あまりソフトを延々と再インストールしているのですが、フォトショップとイラストレータとフラッシュがどうしても見つかりません。私のディスク関係の整理の悪さときたらどこに出しても恥ずかしくないほどのレベル(違)なので、CDアルバムとかケースと中身が全部一枚ずつずれてたなんて日常茶飯事です。
さすがにクラッシュは二回目なので、画像関係は全部バックアップがあるんですが、ブックマーク・テキスト・メール関係が全滅です。必要だったり大事だったりするものをどれだけなくしたかなんてもう思い出したくないので、はじめからなかったことにしますけど。テキストデータでもらったホモ小説とか(忘れろ)。
それにしても芸能ジャンル関係のブックマークは、何割か確実にリカバリできないこと確定なので痛いなあ…これを期に足を洗えということか。

ついでにアップするだけだったこの日記も、うっかりブラウザのバックボタン押したせいで全部消えました。厄日ってこういうことかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナルニア国再読中

日曜日の夜。CDまるまる一枚分の時間を使って、シャツにアイロンをかけました。パックをしてストレッチをして、この日記を書いたら早々にベッドに入るつもり。いつもはPCのスイッチを切った3分後には熟睡なのですが、少しだけネットする時間を削って読書に充ててみようかと。
月曜日は朝イチで会議が入るので出勤時間が早まるのですが、ただでさえ寝起きが悪いのに加えて週末から持ち越した面倒な仕事のあれこれを思い出すと、玄関開ける10分前まで(本当に)ベッドにいたりします。というわけで、何とかしてパジャマを脱いでストッキングに足を通し、顔を洗いに行くために、朝のおめざは必須。糖分も油分もカロリーも計算に入れないで、ただひたすら何が食べたいかを基準にセレクトします。ホントに食べることにしか興味がない成人女性だ。あとホモと洋服。ちなみに明日の分は夏野菜のフォカッチャ、パン・オ・ショコラです。アスパラとサーモンのパイ包みはさっき我慢できなくて(…)食べちゃったー。

今週の、仰天ホモニュース。
先週、丸の内の高いホテルで監禁強姦もののホモエロ小説を音読していて、20ページに一回くらい「ありえない!」と叫んだのですが、実際に起こってしまうあたりもっとありえない。やっぱり強姦から始まる恋愛というのは男性側の一方的なファンタジーだと思うんですが、よく考えたらそういうホモ小説を書いているのはほとんど女性ですよね…??私は個人的にそういうシチュエーションがちっとも好きではないのですが、それでも一ジャンルとして成立してしまうということは、女性の側に需要があるということだよねえ。それを考えるとちょっと複雑な気持ちになってしまったのですが、どうですかみなさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は何もしない日

ただいまー。銭湯から帰ってきました。番台の前のソファとテレビがあるスペースでワールドユースを一人観戦。ミネラルウォーター片手に首にタオル巻いてすっぴんで、自宅のごとくくつろぐ土曜日の夜も楽しいですよ。
今日はお昼からバリのお洋服屋さんの展示会に行ってインドサリーのスカートの愛らしさに身もだえたけど、結局買ったのはキャシャレルのホルターネックだったり。そういえば毎年この時期になると夏コミに何着ていこう…!とそわそわし始めます。気が早すぎ。
相変わらず休日の渋谷・表参道・原宿界隈が苦手でしょうがないのですが、一本路地を入るとひとっこ一人いないような住宅地に出くわすのが面白い。2時間くらいぐるぐると歩いてたらあやうくバレエに遅刻するところでした。

ここ一週間、私にしては野菜を多めに摂る食生活を心がけてた(割にはランチにロースカツ定食とかハンバーグ定食とか 、まさに今日もクアアイナのアボガドバーガー食べたりとか)のですが、今日、野中柊の小説読んでたら焼き肉を食べる情景がそれはもう懇切丁寧に描写されてて、自分の中の肉欲メーターが完全に振り切れました。あーん肉肉焼き肉今食べたいすぐ食べたい。さすがに一人で焼き肉屋さんに入る度胸はまだないので、明日はスーパーで好きなだけ肉を買ってきて好きなだけ焼こうと思います。味付けは塩胡椒のみで!ボーナス出たら三宿トラジで好きなだけハラミとシビレ食べて、チャンジャとマッコリで酔っぱらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鎧塚さんのケーキが食べたいの

何とかサッカーに間に合う時間に帰ってきました。残業中にとてもお腹が空いたので、ストックしてある非常食のゼリー飲料などを啜っていたのですが、うっかり運動前に供給して体脂肪を燃やすヤツを選んでしまったので余計消耗した気がする…結局20kcalくらいしか熱量補給できてないし。

そんな折、今週のトッキュー読んだらちゃんぽんが食べたくて仕方がありません。実はナショナリティが長崎なので、皿うどんとか卓袱料理とか割と身近な環境で育ちました。どちらかというと母の味というよりも親戚のおばさんの味ですが。角煮の旨さを知ったのは6歳くらいの時でしたが、思えばあの時から肉に異常なまでの執着を見せる子どもだった気がするよ、一体何の呪いなの! というわけで明日、終電逃したら見附のリンガー●ットにでも行ってきます。そういえばこの店入ったことがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毛穴パック中

ここ最近本当にホモのことしか日記に書いてないのでいい加減反省しました。しかしオタク以外の趣味ってなんだろう…思わず考え込んでしまったのでバレエについて少し。

この夏は世界各国の有名カンパニーが毎週のように来日するので、雑誌でもやたらとバレエが露出されています。マチュー・ガニオとアンヘル・コレーラってここに来て一気に浸透したような気がする。それこそパリオペもロイヤルもABTもベルリンも選び放題ですが、私の見たいキャストと演目と日程がどうしても合わなかったので、チケットは取らないまま。さっきヤフオクにで何とか条件の合うのを見つけたんだけど、あえなく破れたのでDVD買ってきて我慢します。マラーホフの「ラ・バヤデール」見たかった!
これがア(略)とかのライブチケットだったら血眼になって探すなり有休もぎ取るなりするんですが、バレエ観劇に関しては割と冷静でいられるなあ。お目当てのダンサーが来日するのなんて何年に一度、それも日本で知名度がある場合に限られるので飢餓感は何倍も高いはずなんですが。
これが私だけかと思ったら、同じバレエ教室のお友達を見ると、何公演もチケット押さえてたり、何人かまとまって休んだりっていうのは、まずありません。話題を振っても「うーん、そんなに何万も出せないしDVDでいいかな。振りが何回も確認できるし」と、意外とクールな反応が返ってきます。バレエってお嬢さまのお稽古事っつーイメージに反してみんな割と清貧なんだよね(笑)。トップレベルのダンサーを生で見るのはもちろん大事なことなんだけど、それよりも真面目にレッスンに出て、目の前にある課題をひとつひとつこなしていく方が面白いし充実してる。何より、じっと座って舞台見てると踊りたくてたまらなくなるんだよねー。家でDVD見てても気が付いたら足とか上げてるし(笑)

つうかよく考えたらこれも分野が違うだけで充分オタクトークでしたね…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シチュー解凍中

先日の日記でさんざんホモとか連呼してた矢先に、今週のアエラの特集記事でまさに腐女子がカラー4Pにわたって取り上げられていて、どうにもこうにもいたたまれません。攻めと受けとは一体、みたいな説明をテニプリのキャラを挙げて解説しなくていいですから!つうか寧ろ塚リョより今は他校の方が多いから!(余計なツッコミ)
とりあえず、ホモが好きな理由を「現実の恋愛からの逃避」みたいな使い古したオタク論に持っていってないし、アキバもメイドカフェもフィギュアも妹属性も関係ないオタク世界について知りたい方は目を通されても面白いかと思われます。私は別の意味で電車では読めなかったけど。

初めて見たときは、アニメー●ュの増刊かと思ったんですが違うんですね。「アニメーション心を取り戻すトリビュートマガジン」という煽り文句とか、表紙の人たちの別人っぷりとか突っ込みたいことは山ほどあるんですが。
やはり特筆すべきはDVD特典だと思いますよ、アンプラグド!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

薔薇の寝台、銀の匙

ええっと、ハナさんが日記に書いておられるように土曜日の夜はバレエが終わった後、丸の内のとても高いホテルに何故かお呼ばれし、めくるめく世界を体験してしまいました…。私のお部屋より大きいシックなバスルームとか、縦にも横にも寝られるキングサイズのダブルベッドとか、きらびやかな朝食のワゴンが次々とサーヴされるのをバスローブ姿でぼんやり眺めてたりとか、朝も昼も夜もたっかいワインを飲み続けたとか、もし私がハーレークインホモ小説を書くことになった暁には、この体験を是非糧にしようと心に決めましたよ!会話の内容は9割5分くらいがオタクでしたけど。一晩でひゃっかいくらいホモってゆった気がするけど。緊縛ホモエロ小説も音読してみたけど(やめれ)。
もちろん普段の私はセレブなどではなくしがないサラリーマンなので、今日も夜中までお仕事をして、夜食代わりにコンビニの20品目バランスサラダなんかをPCモニタの前で咀嚼していたりするわけですよ。明日からしばらく人間らしい生活をしなくなるので、せめて今度の休暇は地に足の着いたレベルで旨い物が食べに行きたいです。それこそ恵比寿あたりに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エビリティ雑感


新聞の書評欄からオタクのブログまで、ブックレビューという文章は2種類の読者を対象にした、2種類の意味があります。ひとつは、未読の人へ向けて「こんな本があるから読んでみて!」というプレゼンテーション。もうひとつは既読の人に「私はこういう読み方をしたよ」という立ち位置の表明。このバランスを考えるのが存外に難しい。
勿論レビューというからには、本の内容に触れなければそれこそ話にならんのですが、問題はどこまでを明らかにしていいのか。何を書いて何を伏せれば初読の楽しみを削いでしまわないか。例えばミステリ系の感想でいきなり犯人やトリックやらが挙げられているのは言語道断として、この表現のためにこの一冊があると言っても良い位の、好きな文章や台詞があったとき。それを引用することで、何も書き込まれていない状態の本に余計な付箋やアンダーラインを引いて渡してしまうくらいの罪悪があるような気がして一瞬ためらってしまうのですよ。ネタバレと明記して行間あけたり反転させたりするのは簡単だけど、この線引きは私にとって永遠の課題だし、書評を生業とする人たちにとってはもちろんその辺が腕の見せ所なのでしょうけど。
なんかえらそうな事を書いてしまいましたが、普段は友達と喋ってるときはほとんど気にしてなかったりするので「このマンガの××ってキャラがすごいツボだから絶対読んで!だって□□な関係の△△に『●●』とか言っちゃうんだよー!」とか平気で言います。特にホモを勧める場合。
というわけで前置きが長くなりましたが、結局コンプリートしてしまったエビリティの感想を以下に書き連ねるので、初読のインパクトを何よりも大切にしたいと思われる方はご遠慮いただいた方が賢明かと思いますよ。

現在発行されているのは小説が3冊、マンガが2冊。キャラとか設定は共通で、それぞれのカップリングのストーリーをオムニバスで進めるので、どこからでも好きなつがい(…)を選ぶが良いさ、というあたたかい配慮に涙が出ます。一番人気はわがまま王子な年下攻めアートディレクター×クールビューティーメガネ受けなDTPデザイナーだそうですが、メガネ攻めが大好物なわたくしのお口にはあまり合いませんでした。基本的に初めて読んだカップリングにハマるという雛鳥のようなインプリンティング体質なので、今のところ暫定一位は社長×バイトですが、まだ相手が分からないコピーライター君の恋の行く末が気になるところです。私の予想では割と腹黒受けだと思うんだけどどうだろうか。
それにしても、キャラクタのプロフィール欄に、身長や体重に加えてセクシュアリティっつー項目があるマンガを読んだのは初めてです。しかしいくらノーマルだのバイだの稀代の女たらしだの書かれていたとしても、作中において最終的に辿り着くのはどうせホモなのであんまり有益な補足ではないよね?
少数精鋭の広告クリエイター集団のモデルはおそらくこの人たちでしょうが、バイトも含め7人のオフィスで、どうやって会社が回っているのか…と思ってたらわたくしが要注目のコピーライターが総務らしいですよ。備品が切れたらアス●ルとか大●商会とか呼んだりしてくれるのかしら。コピーライターなのに。
華やかな広告業界の中でも大変評価の高い仕事をする方たちで有名という設定にもかかわらず、私が新人の時にでもやったことのないような間違いを色恋沙汰に血迷った末のスパイスとして、時折やらかしたりしてくれます。でもそれは全国のクリエイター腐女子さんたちが心の中でツッコミを入れられていることと思いますので、あえて触れないでおきますが、これだけは言わせてくれ。
よく働きよく遊ぶ三十代の男どもがランチにこじゃれたカフェでパニーニやらバインミー喰ったくらいじゃとても足りません。私だったら4時までも保たないよ!

気が付けば今年一番の長文日記ではないですか…実はもうちょっとセレブとか業界用語とかリアリティについて言いたいことがあるのですが、ちょっと整理したいのでいったん筆を置きます。よしながふみの食い物エッセイについての感想の方がよほど練って語りたいのに。愛情ってままならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エビリティゲット

ジーコのインタビューが終わるのを待たずに、いつもの居酒屋を出たのが21:30。
ここ数ヶ月間でこんなに真剣に本を探したのはひょっとして初めてではないですか。駅まで走って、駅からも走って、目指すはオタクの牙城・池袋ジュンクのB1F、ボーイズラブフロア。ヒール履いた足をがくがくさせながらエスカレータ駆け下りた途端に流れる閉店アナウンス。とりあえず手前の棚に平積みしてあった何冊かを適当にひっつかんでレジ階まで駆け上りましたよ!閉店間際ギリギリに駆け込んで来た挙げ句、髪振り乱してホモ本を買ってる会社員を、研修中のプレートがついたレジのお姉さんはどう思っただろうか…
実は週末にかけて割と逼迫した課題を抱えているので、今すぐにでも読みたいのですがじっと我慢。土曜日の午後、バレエのレッスンまでの時間に残りも揃えて(…)読みふけろうかと。

とりあえず恵比寿で恋つながりということで、未読の方はこちらを是非読んでください。ナレーターは新妻のコナン君です(違)。
http://www.yebisubar.jp/stories/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肩書きで恋する男たち

会社を早上がりして市ヶ谷と飯田橋の本屋を梯子しましたが、漫画の方の2巻目だけ見つけました…もしや本当に大人気なのですかエビリティ(YEBISUセレブリティーズの作中で働くデザイナーさん達のことをこう呼ぶらしいですよ!)。
本当は小説のほうが欲しかったので、以下、他の人に読んでるときの表情を見られないように前屈みになりながら15分間立ち読んだ所感など。

社長×アルバイト。
アートディレクター×外科医。
外資系日本支社長×ギャルソン。
モデル×グラフィックデザイナー。
……えーっと、あと他になんだったかな。見開きの登場人物紹介にはもう2,3人はいたと思ったんですがとりあえずこんな感じで右を向いても左を向いてもホモばっかの職場です。私だったら働きたくない。あ、でも奇数にしたらダメだよね。一人つがい(…)になれないもの!
タイユバン・ロブションでクリスマスイヴのディナーだの生まれ年のヴィンテージワインだの一人暮らしなのに4LDKのマンションだの、20畳はありそうなだだっ広いリビングにイームズのウォルナット・スツールとコルビジェのLC3(あ、でもソファでやれないからLC2だったかも)とイサムノグチのコーヒーテーブルが同居する様だの、膝から力が抜けそうなトレンディ感あふれる仕上がりに突っ込みたいところはやまほどあります、が。「トレンディ・ドラマ」という言葉が遙か昔のものになって久しいけど、去年「ラスト・クリスマス」がそれでもそこそこ流行ったのも、国内海外問わずメディアに「セレブ」が氾濫してるのも、やっぱり女子としての本能の根底をくすぐるものがあるからか。もっとも、それを全部男同士の恋愛に反映させてしまうのはオタクのなせる業ですが。
あ、そういえば国家錬金術師も肩書きの一つだよね!(違)

というわけでれんれん。小説まで揃えたらもっかい感想を言うのでちょっと待ってね(笑)。メトロセクシャルは言い得て妙。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

距離をおいたお付き合い

…を、しようとおもいます。
何をって肉と珈琲。
金曜日の夜からシチューを煮込んだんですが、なぜ1パックあたり4~5皿と表示されてるブラウンルーを2パックも使うんですか一人暮らしなのに!(でももう鍋の残りが三分の一以下)そして肉を何百グラム投入したかはとても言えません。そのせいか何なのか胃を壊してしまい、今日はココア一杯をすすっただけでした。しばらくランチにイタリアンとかネパール料理とか行かずに、おとなしく野菜中心で過ごします。週の後半に男の子とご飯食べに行く予定があるけど、和食をセレクトしといて正解だ。

amazonの上位ランキングに常駐する(私がチェックしたときは森博嗣の新刊より上だった)「YEBISUセレブリティーズ」というホモ漫画(小説が先?)が気になって気になって仕方がありません。いくつか書店を回ってみたんですがどこも品切れ状態。恵比寿にあるデザイン会社を舞台に、男と男と男と男が華麗なるセレブリティーライフを繰り広げるオフィスラヴものらしいですよ皆さん。しっかしamazonの上位にBLものやアニメ系の作品が来ることはさして珍しいことではないですが、アレはみんな世を忍ぶオタクの方々の「店頭で直接買うのは恥ずかしい」という需要に応えた結果なんでしょうか。私はどちらからといえば、こういう萌えものって自分でもよく分からない発作的な衝動に突き動かされて買ってしまうことが多いので、何軒本屋を回ってでも直接手に入れたいんだよね。ワンクリックしてから24時間も待てないの。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ハチクロ待ち

だらだら読書中。仕事が少しでも暇なこの時期、できれば会社終わったらバレエ行きたいんだけど、なかなか地理的にも内容的にも条件が合わなくて結局さっさと家に帰るだけ。家に引きこもるの好きだから別に良いんだけど。
明日は市ヶ谷の某所直行なので、昼ご飯に神楽坂でも行ってやろうと思ってます。その前に終わればだけど!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »