« August 2004 | Main | October 2004 »

嵐が来る

というのに、カメラ持って神保町まで。お仕事終わったのが3時過ぎだったのにまだお昼食べてなくて、大概のお店はランチタイムなんてとっくに終了しているわけです、よ。空腹の反動でやたらとヘヴィなものを胃袋が欲していたので、前から行きたかった天丼屋さんをひたすら探して古書店街をうろつく黒スーツの女。ようやく見つけた、と思ったら姉妹店のとんかつ屋さんでした…諦めて入りましたけど!(でもとんかつも美味しかった…)
会社に戻って撮った写真整理して指示を出して、8時過ぎて雨がひどくなったところで「もうおうちかえります…」っつって業務を強制終了。だっておなかいっぱいで眠かったんだもん!(最低)あしたとあさってで頑張ります。毎日同じことゆってますが気にしない方向で。

近所のブックオフで見つけたパトレイバーの限定DVDが欲しくて欲しくて仕方がありません…中古で買ってもそこそこのお値段なのでどうしようかと迷い中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あいにくの雨で

アラーム代わりにしてる有線から流れてきたゴリエで目が覚めると、電気もPCもエアコンもつけっぱなし。ベッドの下には昨日の戦利品が雪崩れてました…そんなレイニーマンデーモーニング。こんな日にめざましTVの占いで牡羊座が12位だったりすると、信じてるかどうかは別としても会社行きたくなくなるよね…!実際は二度寝して見てませんが。遅刻だっつの。

そんなわけで、昨日は全国大会に行って来ました。会社に行くよりよほど早起きな上に、お洋服もお化粧もきちんとして、会場に向かいます。目的を同じくすると思われる人たちの濃度が微妙に高いりんかい線に乗った途端に、ふっと座席にいたゴスロリ服に目が行ったと思ったら友人でした。世の中ってそんなもんだ。ハナさんにサークルチケットを頂いたので、いそいそとスペースに行ったらすべて準備万端整っていた…のっけから役立たずな予感。お友達に差し入れなどを渡しつつ、会場20分前には小雨の振る中シャッター外の某大手さんに並び始める。夏コミの時にはお友達と二人で「明日は終戦記念日だねー」とか話しながら炎天下で同じサークルに並んでたことを思うと、たった一月半で季節ってこんなにも変わるんだー!としみじみしたり。どこも彼処も人工物で埋められたあの空間で感じる秋の訪れ。
あらかじめチェックしたサークル配置図が、我ながらロイエドとは思えないカップリングのばらけようだったので、会場内を何回か縦断しましたが、相変わらずほとんど本を買わなかったのでスペースに戻ってお留守番。ハナさんの売り子をお手伝いしながら(買っていくお客さんの3人に1人の割合で、「そのバッグどこで買ったんですか!?」とゆっていた…)、晩ご飯どこで食べようかっつー話しかしなかったような気がするのね…。お昼過ぎに、ハナさんのお友達が(海の向こうまで)買いに行ってくださった某ホテルのサンドイッチが本当に美味しくて足をばたばたさせて喜ぶ。朝ご飯に某コンビニのそれでも比較的お値段の高いサンドイッチを買って食べてたんですが、雲泥の差でしたすいません。分不相応なモノを味わってしまった気がひしひしとします…。
終了時間まで会場にいて、H●SとかJ●Bとかの特大バッグを提げた人たちに紛れながら、ハナさんのお取り置きの洋服を引き取りに電車で吉祥寺まで移動。よく考えたら、今までの人生において、友だちのお買い物に付き合ってる時に「(買うの)やめた方がいいよ」とか一度も言ったことがないんだよね!買おうかどうしようか迷ってぐらぐらしてる人の背中は問答無用で突き飛ばしますよ、買う方に。でもやっぱり赤いコートで可愛かったと思うの。
その後東西線で神楽坂まで戻ってごはん。あの界隈のメシ屋って日曜日ほとんど営業してないんですが、閉まってるお店を見るとかえって気になってしょうがないのは、グラトニーの性か。ピザが有名なお店なんだけど、ラザニアがとてもお気に入りなのでそっちを注文。グラタン皿の中であつあつに焼き上げられた挽肉とチーズとソースとパスタが重なってとろけてるのなんてたまりません。写真撮ってアップしようと思ったのにことごとく忘れた…。帰りは飯田橋まで一度も通ったことのない道を適当に歩いて戻ったんですが、にぎやかな通りから外れたところにひっそりやってるビストロとかがやっぱり土地柄すごく多くて、行く先々で足を止める。さっきご飯食べたばっかりなのにね!アップダウンの激しい地下鉄一駅分くらいの距離を強制的に歩かされますが、あの界隈のお店をかたっぱしから食べ歩くのにご一緒してくれる方を募集中です。予算的には土曜日のランチとかがベストなのかな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

呪われた…!

えーと…久しぶりにバレエに出かけ、ルミネで靴とか服とか物色して、あーやっぱあのグレースのデニムスカート可愛かったなー、と思いながら山手線のホームに降りたら何なんですかあの混雑。普段通勤もラッシュを外してるので久々に殺気立った雰囲気にびびりながら池袋に戻って、明日の差し入れかわなきゃーと思いながらパルコに入って、出てきたときには黒いお洋服が詰まった紙袋が…あれ?
ワンピース着てたので、スカート試着するときに「じゃあこれも一緒に…」って選んだトップスが前々から目を付けてたドルマンスリーブ(また会社に着ていけない…)で、あまりにも(服が)可愛くてフィッティングルームで脱げなくなっちゃったんだもの!こ、こういうことってある…よ、ね。
靴も欲しかったんだけど、来月以降に見送ります…値段言うのが怖いので、大体家賃2ヶ月半くらいだったよ、と婉曲表現をしてみる。

明日お手伝いをさせていただくハナさんから「夜中にロイエドサイト回りすぎて遅刻したら許さない…!」と言われてるので早く寝ようと思います…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

欲しい欲しい欲しい

ツモリのからし色のアンゴラニット。
ヴィヴィアンのベージュのカットソー。
zuccaのショート丈ブーツ。

タイさんとの待ち合わせまで、久しぶりにゆっくりと秋物を物色できて幸せだったんで・す・が、少しでも琴線にふれたものがことごとくとんでもない値段でした…私に服を買うなと言うのか。自分の好きな服しか着ないし買わないので、気回しとか重ね着とかが死ぬほど苦手です。会社に行くときは一年中まっくろだし、何かお洋服を買う時って大概イベント前なので、普段着れないようなの選んじゃうしね!ワードローブを整理仕切れてなくて、結局着ないまま1シーズン終わっちゃった、みたいな服が存外あるはずなので、それをうまくつかって今シーズンは乗り越えて行こうかなー。とりあえず私と買い物に出る機会のある方は、黒い服を買うのを全力で阻止してください。

東池袋の例のエリアに、遂にだらけができたらしいのですが、場所がイマイチ把握できてなかったのでまた今度の機会に。つうかこれ以上あの界隈にオタク店を増やされると、ますますこの街から離れがたくなるんですが…!
さんざん同人誌物色した後、行ってみたかった韓国料理屋が見つからなかったので、いつもの中国茶館へ。店員のおばちゃんに勧められるがまま大量に点心を注文して、萌え話とかしてる間に完食。どのくらい大量に食べるか具体的に言えば、いつもデザート4人分とか頼んでます。
その後はいつもの流れで駅前スタバでお茶しながら、ロイエド5年後設定パラレルとかを夢想して二人でのたうちまわってました…可哀相な子。読書の秋らしく、まとまった時間とってじっくり本が読みたいね、という話をしたので、近いうちに休日一日まるまるカフェに籠もって延々と本を読もうと思います。お互い飽きたらその合間にロイエドの話をするの(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10年前の僕らは胸をいためて

心の準備がまったくできてない状態でTVで無造作に流れたりすると、からっからの干し椎茸をいきなり水につっこんで無理に元に戻した、みたいな気分になります。私の乙女心が!
思春期のいちばんこころがやわらかい時代に、2年しか活動しないで意味ありげに解散した男性二人組、という共通項の他はあり得ないほど違うベクトルのミュージシャンを好きになってしまったおかげで、音楽の趣味が見事に2極分化されてます。ア(略)に関してもいい加減呪われてると思いますが、こっちも毎年クリスマスが近づくと「プラダの靴が欲しいーのー」と呟いてみるくらいには呪縛。自分で買うけどさ。
95年以前リリース限定カラオケとかやりたいなあ。寧ろ21世紀に入ってからの曲がほとんど歌えませんけれども!

明日は久しぶりのお休みなので、今日は夜更かしー。villageのビデオ流しながらコスメ雑誌めくったりホモサイト回ったり、幸せなひととき。仕事は大量に残して帰ったんだけどさ!

薔薇族休刊のニュースを会社で見ていたら部長が後ろを通りかかりました…。大手サークルより発行部数少ないじゃん、とは友だちの弁。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブーツ欲しい

とあるお友達とのメールのやりとりにおいて、サブジェクトの8割方に「ロイエド」「大佐」「豆」「無能」「増田」のどれかが含まれてるってどういう事態なのかしら。そしでことあるごとに「さっさとロイエドエロメール送れよ!」とか返す私もどうなのか。全国大会に参加される皆様、ご準備は如何でしょうか。某さんの原稿は間に合ったのかしら…と西の方を向いて呟いてみる(どうでしたかー?)。私は当日ちゃんと参加できるかどうかまだ分かりませんが、楽しい一日になりますように。


←に、写真日記のリンクを貼っておきました。中にある説明書き以上のものは本当になにもありませんが、適当に眺めてまわってくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米食い過ぎ。

もみじまんじゅうの国から再び。
実家に帰るたびに毎食毎食ごはんを2膳ずつ食べているのですが…ダイエット…は(沈黙)。
普段外食率100%の可哀想な子なので、あつあつのサンマの塩焼きにスダチ絞ったのと大根おろしかけて食べれるだけでご馳走だ!と思うのー。
来週のゼンコクで会う方、ころっころになってても温かい目で見守ってやってください…どうでもいいけどまた仕事とバッティングなんですけど。
毎週毎週家にいるので、犬が怪訝な顔をしています…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

equivalent exchange

仕事が終わってから上司と四ッ谷で焼肉焼肉焼肉。大変おいしゅうございました。石焼き明太子ビビンバって初めて食べたよ。火の通った牛レバーがどうも苦手なので軽く網の上で炙っただけで食べたりしながら(つまり生焼け)、友だちと延々メールで以下のようなやりとりを。
「ロイエド頂戴」
『等価交換』
「お前が先に書け」
『やだ、そっちが書け』
大体一週間に3日くらいは同じようなことをお互い言い合ってます…不毛だ。知り合って7年経ってようやくカップリングが一致したのにね!でも私に言う前にロイエドサーチの荒波におとなしくのまれた方が、沢山見つかると思うんだがどうかね。

というわけで、うまくいけば明日の終電、あるいは翌日の始発でちょっくら実家に帰ってきます。単身赴任のサラリーマンのような生活。移動用のテンピュール枕が本気で欲しい…あと腰にあてるクッション。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

have you ever seen the rainbow?

珍しく早く上がれる日が続いたので、お家帰ってシャワー浴びてチャリを20分こいで、タイさん宅へ。もちろんすっぴんですよー。ご近所づきあいだから!貢ぎ物はルノートルのアップルパイとこの間発売になったFRAUを。くらんぷさんが表紙なのを見たときには何事かと思いましたけれども!自立した女性…いやたしかにそうだよね。ロングインタビューの中で「インディーズのコミックスの即売会」みたいな表現が出てきて、二人して非常に微妙な気分になりましたが。雑誌をめくりながら、ホテルとかエステとかバスタブとかベッドとかにひたすら思いを馳せ、貸しっぱなしだった鋼の増刊号の一コマ一コマを指さしながら「あー、エド可愛いー、ホントにかわいいー」とエンドレスに繰り返し、お勧めのロイエドギャグ本を読ませてもらって、それじゃーおやすみー、と同じ道を戻って帰宅したのが24:40。3時間強、だらだらお喋りできていい気分転換になりましたー、ありがと!

ちょっとした諸事情(笑)で、1990年前後の世相というか風俗というかそういうのがデータ化されたサイトを巡って昔に思いを馳せてます。GWってよく考えたらバブル全盛期の話なんですねえ。別にウチは金持ちでも何でもなかったので、特にその恩恵にあずかったおぼえはまったくありませんが(昔カテキョしてた子に「ものごころついたときから不景気で、バブルなんて知らない」と言われてうわーっ、と思った事があります)、あとから統計を見るとやっぱり日本中が浮き足だってたんだなー、と自分のおぼろげな記憶と重ね合わせてみたり。でも、音楽とかマンガとかTV番組とか、当時流行ってたものは今でも大好きで(おかげでよく年齢を間違われます)、あのとき周辺にあったものが今の私の血肉になってるんだなあ、と考えると近いような遠いような不思議な時代ですね。
(だって岡村靖幸の「19」が目覚ましのアラームなんだよ…!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キッチン貴種流離譚

あー賞味期限切れそう、と思って冷蔵庫にほったらかしだった豆乳をだばだばティーカップに注ぎ、飲み干した後でカップの底をひょいと覗いてみたらりちゃーど・じのりって書いてあった…!思わず震える手で机に戻しましたよあーびっくりした。何でこの家にこんなものが、と思い起こせばカテキョのバイト先のお嬢さんのお宅からお餞別代わりに頂いたものでした。ロクに中味の確認もしないまま新居に持ってきてそれから早幾年、薬飲むときの水とか、泡盛とかどうしようもないものしか注がれてなかったじのり様の立場って一体。しかし飲み物の中味と器の関係にまったく頓着しないのは、ウチの家庭では今に始まったことではなく。お父んは萩焼の湯飲みでビールを飲み、私もさっきまでお茶飲んでた湯飲みに平気で白ワインとか注げる女でした。しかもそれ飲みながらデザートにケーキとか食べてた。テーブルマナーがきちっとしたご家庭に聞かれると卒倒しそうな話ですが。

そういえば「ジパング」読みました。実家で。続きが気になってしょうがなくて9巻までこっちに持って帰ってしまいましたよ!来週末また続きを読むですよ。土曜はあれだけ鋼鋼騒いでたのに、日曜の私が存外おとなしかったのは間違いなく頭の中が菊池受けでいっぱいいっぱいだからです。あー、角松と小栗と3人でどろどろのプラトニックホモ不倫劇を演じて頂きたい。でも自覚して辛いのは菊池だけー、みたいな。
あと、江田島に行きたくて仕方がないです…子どもの頃は単なるミカン狩りの島だと思ってたのにあんな萌え要素がザクザクしてる宝の島だなんて!(石投げられますよ)
実家にいた頃、たまにある外出日なのか、市内の繁華街で制服着た彼等が目をキラキラさせながらパルコに入っていく姿を何度か見かけたことがあります。そいえば、従兄弟の旦那様もあそこの出身だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

帰省日記

もみじまんじゅうの国からこんばんわ。例の台風のせいで瓦が飛ぶわTVアンテナ折れるわ実家は大変だったみたいです。お向かいの某世界遺産は派手に壊れてるしなー。
朝の4時に近所のローソンまで出かけてガンガン買って鋼だけ切り出して5時に家出て始発の新幹線乗りました。駅弁どれ買おうか迷ってたらあやうく乗り遅れるところだったけれども!しかも何故か柿の葉寿司だし!海奈良だし!
とりあえずハボロイ派の方おめでとう、おめでとう!とあるお友達は日付が変わったと同時にコンビニに行って「いつ入荷するんですか!?」と詰め寄ったらしい…。私はひたすら傍らで腕組みして店員がジャンプの梱包を解くのを待ってたことがありますが。マスタング様が大変攻め攻めしくて、いっそのことロイハボでもちょっと良いんじゃないかと思いました。次号あたりでそろそろ豆っこが見たいのですが、どうでしょう。
夕方病院のデイルームで、周回遅れの鋼アニメを見ながら(…)、タイさんとハナさんとケータイにて感想を報告しあう。何しに帰省してるんだ。と思ったら、6時半過ぎたと同時に、アニメのサブタイトル「さようなら」に動揺しまくっていた彼の友人からはどうしようどうしよう!とメールが。明日の夜中に帰ったら録画分見るからちょっと待って…そしたらちゃんと語ろう。

明日は6時に起きて犬の散歩行ってそっから夕方まで病院にいて最終の新幹線で帰りますー。ファンデがほんとにエンプティなので駅前の福屋(超ローカルデパート)でヘレナに寄ろう…口座残高が小学生の小遣いのような額なのでカード切るの怖いんだけどね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西へ東へ

久しぶりに休めるかな、と思ったら土曜の始発新幹線で帰省することになったので慌ただしく準備を。日曜の最終の新幹線でこっちに戻って月曜朝からまた仕事。丈夫だけが取り柄の子で本当に良かった…!
まだ冷蔵庫に残ってるはずのお父んのからすみをあつあつのご飯にのっけて食べるのと、お父んの書斎で見つけたジパングを夜中に一気読みすることだけが息抜きです。明日本人ゴルフなのにな!からすみ食べ尽くしてたらゴメンネ☆

なんだか色々な人の約束を反故にして本当に心苦しいです、ごめんなさい。いっそのこと年明けくらいまでは私はいないものと思って…!って感じだ。何度も言いますが、私自身はまったく健康でぴんぴんしてますのでその辺はご心配なく。新幹線用の枕とかスリッパとか耳栓とかアイマスクとか色々買いそろえてみようかなあ。

朝の5時に家を出るので、本日は潔く徹夜決定なのですが、夜明けまでガンガンを売ってるコンビニを探し求めて自転車で徘徊したら…駄目ですかやっぱり。ものすごい誘惑なんだけど!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

欲しいものはたくさんあるの

矢野顕子に言われるまでもなく、季節の変わり目は物欲のバロメータが急上昇です。秋冬物の服と靴と鞄とコスメが欲しいよ!グレースのラビットファーのコート着てヒールかつかついわせて冬コミ会場を歩き回りたいよう!とかゆってたら、それは別のベクトルの欲望だ、と突っ込まれました…夏も終わったばかりなのにもう冬。でも、メンテナンスとTPOの判断が微妙だけど、リアルファーのコートって一着手に入れたいよねー。私だけ?
しかし、今日もスティラのチークとヘレナのファンデとRMKのネイルが欲しい~、とデパートの1階をふらふらしてたのですが、鏡にうつった自分の肌の汚さっていうか毛穴の開きっぷりに割とショックを受けて、そのまま帰ってきてしまいました…。化粧より先にするべきことがあるだろう!毛穴の黒ずみと陥没が美容整形以外でなんとかなるなら割と真剣に考えるので、よいコスメなどあったらどなたか教えてください…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グラトニー日記

明日のお昼はからあげ弁当に決定。

できることなら大分まで飛んで、一日中ジューシーなあつあつ唐揚げを頬張っていたい…とかこういう写真を携帯の待ち受けにしたいなあ、とか涎をたらさんばかりの勢いでつらつら考えてる深夜のOL。くどいようだがOL。
実家に帰ったら、カラスミだのクジラの刺身だのうまいものがたくさんありまして、夜といわず朝といわずお酒と一緒にもりもり食べてしまいました。朝っぱらからご飯3杯ぺろっと平らげてたしね!ここは相撲部屋なのか。
「って、この家のご飯の量って今考えるとありえないよ母さん!」とおかわりしながら抗議すると『だってアナタ作れば作っただけ食べたじゃないの!』と返されました…ああいう生活を振りかえると今の私の体重もうなずけるものがあります。『痩せの大食い』なんて憎しみを覚えるくらい縁遠い言葉なので、しっかりばっちり肉になったとも。

ロイエドのお友達が先週の鋼の次回予告に七転八倒してたので、どんなもんかと思って見た。彼女はエドの台詞と次回のタイトルにたいそうショックを受けていたのですが、私的には寧ろ萌えなんだが。それを必死に大佐が探しちゃったりするととてもとてもおいしいじゃないですか!根っからのハーレークイン好きとしては!気が付けば今週末にはもう次のガンガンが出てしまうのですね…大体その時期は仕事が慌ただしい時期なんですが、今回は土曜発売なのでゆっくり読めるかな。

明日の朝、会社の近所のローソンでからあげクン買い込んでデスクでむぐむぐさせてたら怒られますか…(お昼休みまで待てないらしい)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

H禁!

本屋という本屋の店頭にこれでもかと積んであるピンク色の直方体2冊組の話。
この週末で一気に読まれた方も多いと思いますが、私は原書の方を去年の発売日に手に入れてちびちびと読んでたんですが、あと1/3まで来たところで、ふとネットで用語検索をした際に思い切り今回最大級のネタバレをくらってショックのあまり停滞。気が付けば発売日に徹夜で読んだ友人達に追い越されていました…一年以上も前に読み始めたのに。兎と亀とはまさにこのことですね…!おおかたのラストは知ってるとしても、いささか消化不良なので、ハリー関係のメールには一切レスを入れなかったのですが(鬼)、実家に戻った際に弟から強奪したので、残りの部分を全部読んできました。青春18きっぷで旅行してたのに最後の最後で新幹線乗っちゃった、みたいな感じは否めないんですが、これでこころおきなく萌トークにまざれるー!

というわけで、慌ただしい日々ですが私はこの通り元気で、相変わらずオタクです。もう少し状況の判断がついたら、時間も調整できると思うのでどうか遊んでください。そして私とホモの話をしてくれ(もういい)。
前回の日記を書いてから、ホントに色んな人からメールで励ましていただいて、そのたびに力をもらった気がしました。特に、夜も遅い時間に何度も何度もメッセージをくれた某さん、本当にありがとうございました。疲労と緊張でぱんぱんになってた私の心をゆるませてくれて、涙を出させてくれて、そのたびに深呼吸をする思いでした。

今、1時を回ろうとしてるところなんですが、素直にこのまま寝るか、2回録り溜めた鋼のビデオを見るかでものすごく悩んでいます…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青天の霹靂

というより、星ひとつ落ちてきたみたいな気分です。
えーと、私的な事情でいつまでかは分からないのですが、頻繁に東京を離れたり、会社を休まなくてはいけなくなってしまいました。よって、ただの生存報告サイトになっているここも、なかなか更新が出来なかったり、他人様に読ませるには非常に微妙なテンションになっているかもしれません。申し訳ない。
基本的に日記にはネガティブなことは書きたくないので(だって仕事やバイトや学校から疲れて帰ってきて、それでも何かの気分転換にここを見てくださってる方に対して失礼だと思うから。会うたびに愚痴しか言わない友人なんて、その印象しか残らなくなるでしょう?)いっそのこと、すっぱり閉鎖してしまおうかとも思ったのですが、たまに会う方に「日記読んでるよ!」って言われるのが自分でも存外に嬉しいのです。お見苦しい限りですが、今以上にはっきりしないくもゆきでぐずぐずと続けていくことをお許し下さい。
今から私は、深い深い井戸の底へどこまでも降りていかないといけないのだけれど、そこには必ず突き当たりがあって、そこから再びもとの場所に戻る作業をしなくてはいけません。できれば、ここに何かを書くことが、地上に戻るための1本のロープ、行き先を照らす灯りの一つになるように。

最後に。昨日の深夜、パニックになった私に電話でたたき起こされたにもかかわらず、辛抱強く話を聞いてくれて本当にありがとう。「大丈夫、何にも悪くないよ」って何度も繰り返してくれたことで、どれだけ私が救われたか。決して「お友達になりたいタイプ」の人間でないことは自分で一番よく自覚してるんですが、それでも心配したり仲良くしてくれる人がいるっていうのは、何者にも代え難い財産だと思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »